英語が受験だけに必要だったのは昔のこと。今を生きる現代人とって英語は必須!

英語の必要性

英会話

これから、オリンピックなどの、国際的なイベントが控えている中で、英語が苦手な人にとっても、道案内をする機会があったり、とか、意見を交換する機会が増えてくる可能性は十分にあります。

そのような中で、諸外国の英語を母語話者とする人々に、負けないように、自分の意見を、しっかりと発信する、という重要性が何よりも高まってきつつあるということは、間違いなく、言えると言えるのではないでしょうか。

 

英語を学ぶということは、ただ外国語学ぶということではなく、いわば、国際共通語を学ぶ、ということにもつながっており、より多くの人や、ビジネスとつながることができる、ということは、メリットと考えて良いのかもしれません。

簡単に言ってしまえば、日本語だけが分かる人は、日本語というバイアスを通して、得た情報しか手に入れることができませんが、外国語を学ぶということは、その土地で発信されている、生の情報を掴むということができる、という意味で、大きなアドバンテージになるということは、確実に言えるのではないでしょうか。

 

しかし、義務教育も含めれば、5年も、6年も日本人は英語を学んでいるのに、なぜ、これほどに話すのが苦手な人が多いのかということに、疑問を持っている人は、少なからずいるのではないでしょうか。

それは、学校教育の中で、細かなミスなどを揚げ足取りのように指摘する声が大きく、それが教育現場にも生じてしまっているために、積極的に英語を発音する機会が奪われてしまっている、ということは間違いなくいえるのではないでしょうか。

このような、教育に関する問題で言えば、英会話を含む、英語の教育は、様々な外国語の中でも最も発展していると言われることもあり、日本の英語教育には、そのような最新の知見が活かされていないということが、問題として一つ挙げられると考えられます。

そのような状況の中で、いわゆる、古臭い英語教育を、何度も繰り返し続ければ、教育的な成果は十分に得られないということは、火を見るより明らかだとも考えられますが、高校受験や大学受験と言った英語を実践的に勉強するチャンスがなかなかないため、受験に特化した英語力をつけざるを得ない状況があるのは間違いありません。