英語が受験だけに必要だったのは昔のこと。今を生きる現代人とって英語は必須!

受験英語

日本人をあまねく支配していると言っても良い、受験英語獲得の弊害というものは、かなりひどいレベルまで、悪化していると言えるかもしれません。ほとんど、日常会話などでは使うことがない、イディオムや単語を、重箱の隅をつつくように受験問題として出題したりする他、あり得ない状況設定でのリスニングのテスト、と言った、英語を学んだにもかかわらず、それを実践的に生かす状況を想定していない問題が多く作られているということは、大変残念なことであると言えるのではないでしょうか。

外国語を学ぶということは、その目的の一つとして、その外国語を活かしてコミュニケーションをとるということが目的には含まれているはずですが、受験英語ばかりを追い求めてしまえば、このようなコミュニケーションから、大きく逸脱してしまう、ということは、容易に想像できるでしょう。

だからといって、文法や、単語を、おろそかにしていいという意味ではありません。現在の、日本語の英語教育では、文法や、単語と呼ばれるものが、日常会話でよく使うものから、大きく離れ過ぎてしまっている、ということは確実に言えるのではないでしょうか。

要するに、英語を習得する目的は、人それぞれあるにしても、その方法が間違っているために、適切な英語力が身に付いていない、という人が多い、という風にいえるわけです。

民間団体が行っているテストや、検定試験などに合格するためだけに、英語を学ぶのであれば、そのテストに出題しやすい単語だけを抽出して、勉強していけば良いわけですが、本来、外国語を学ぶ目的というのは、日常会話や、仕事等で、コミュニケーションの道具として使うわけであり、目的と手段が入れ替わっている人が多いというのも現実としてあると言えるのではないでしょうか。