英語が受験だけに必要だったのは昔のこと。今を生きる現代人とって英語は必須!

英会話の上達法

例えば、シンプルな文と、シンプルな文を関連付けて、英語で話そうとする時、上達の遅い人は、それを接続詞などを用いて、複雑に表現しようとする傾向があるという風に言われています。その一方で、英会話を目的として、なるべく会話をしたいという積極性を持っている人は、自分自身が持っている中で、最も早く頭から出てくる文法を選択する、ということが指摘されているようです。

つまり、英会話が飛躍的に向上する人の多くは、シンプルな文とシンプルな文を、二つに分けてポンポンと発音するということです。このようにすると、拙い英語に聞こえるのかもしれませんが、相手にとっても分かりやすく、自分自身にとっても、早くレスポンスができるために、メリットが多いと言えるのではないでしょうか。

このようにして、ひたすら、短文と短文を並べるような形で、発音をしていき、徐々に、接続詞などを用いていく、ということが重要です。単純に言ってしまえば、英会話の中で英文法を実践的に学ぶくらいの気持ちでいる方が、向上するスピードは速い、と間違いなく言えるでしょう 。日本人特有の問題であるとも言えますが、キャッチボールばかりをして、試合をしようとしない傾向が、強く出ていることは、弱点として、しっかりと受け止める必要があると考えられましょう。

もちろん、応用ばかりを行って、基礎的な練習を全くしていないというのも、大きな問題があり、両方のバランスを取りながら勉強を進めていくことが、語学をマスターする一番の秘訣である、と言ってしまって良いと考えられているようです。

これは、当たり前のことですが、普段の日常的な会話は、日本語も英語も中国語も変わらず初級の文法がほとんどで、複雑な文法を使う場面というのは、それほど多くないということが一般的に言われています、それにもかかわらず、日本では、一気に応用文法まで習ってしまうというケースが多く、ほとんどの人を、置き去りにして、英語嫌いにさせてしまうこともある他、あまり、会話練習に力を割かないということも、しばしば言われているようです。このような事態を改善しなければ、国際舞台なので英語を使うことができる人材を育てることはほとんど難しいというのではないでしょうか。