英語が受験だけに必要だったのは昔のこと。今を生きる現代人とって英語は必須!

英語の特質

ナチュラルな英語を目指せば目指すほど、悩んでしまうということは、日本人特有の問題であるといえるかもしれません。

確かに、アジアの他の国でも、英語の試験などはあるわけですが、日本の受験英語のように、重箱の隅をつつくような、非常に難しい単語の問題などというものは、ほとんど出されていない、というふうに聞いたことがあるような気がします。これと日本人ならではの、外国語で会話をすることが恥ずかしいという思考スタイルがマッチしてしまい、結果として、全く、英会話をすることができないまま、文法や単語のみが知識として積み上がっていく、という人が完成してしまうわけです。

簡単に例を出せば、オンライン英会話などを活用して、ほとんど英語の知識がないままに、ひたすら英会話を行った人と、文法だけを学んできた人を比べれば、文法はめちゃくちゃかもしれませんが、 英会話をひたすら行っていた人の方が、圧倒的に、会話力がある、ということは間違いなく言えるでしょうし、実際のところ、そういうデータもあるというふうに聞いたことがあるような気がします。

とにかく、繰り返しやらなければならない点では、両者は一致しているわけですが、目的に応じて学び分けるということも当然重要ですし、その目的が英会話をしたいということであれば、なおさらのこと、まずは、オンライン英会話などでネイティブの発音を聞き分けてみるということが何よりも重要だと言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です