英語が受験だけに必要だったのは昔のこと。今を生きる現代人とって英語は必須!

シンプルな会話

英会話のほとんどは、基本的に、シンプルな文を羅列することで、成り立っているということを知っている人はあまり多くはありません。 Yes か、 No かで答えられる質問などがまさにそれにあたり、自分自身の意思を決定づける、根本的な返答というのは、はい、か、いいえ、なのです。

簡単に言ってしまえば、どちらかも言うことができずに、迷っているという状況が、英語を用いる社会では、大変良くないこととされており、日本人特有の曖昧な表現で、お茶を濁すというようなものは、英語にはほとんど存在しておらず、はっきりとイエスか、ノーかで答えるということが、重要になってきていると言えるでしょう。

国際社会では、曖昧な返答を求められることは、それほど多くなく、予定を決める際や、ビジネスの際などにも、基本的には、イエスか、ノーで明確に答えることが、非常に重要であるということは、より、多くの人が知るべきことであると、考えられます。

また、英会話というより、実践的な場面では、大学受験の英語などのように、ペーパーテストで成績をつけるということもなく、何よりも重要なのは、ボディランゲージ、つまり、非言語的な表現が英会話の多くを占めている、という事実は、あまり知られていません。ボディランゲージは、特に、その代表格とも言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です