英語が受験だけに必要だったのは昔のこと。今を生きる現代人とって英語は必須!

自分の考えを伝える

メタファーというのは比喩という意味です。たとえ話などを使って相手にわかりやすく物事を伝えるというのは日本語でも英語でもとてもいいことだそうです。
会話でも相手に物事のイメージをわかってほしいときなど、頻繁に使っている人もいるのではないでしょうか。
難しくて理解しにくい物事も比喩を使ってみるととてもわかり易くなったりしますよね。
「明らかになっている以外にも問題がある」を「氷山の一角」といった方が聞いている人もすぐに納得できるかもしれませんよね。
比喩を使ったほうが、物事をシンプルに伝えることもできるかと思います。
子供にも、直接的に話すよりもたとえ話で話した方が理解してもらいやすかったりするようです。
シンプルに伝えることができるように単語をたくさん知っていた方がいいと私は考えます。
メタファーを考えるときに、英語ならではの表現もたくさんあるかと思います。
そういったものを取り入れて会話をしていくのは日本語なら当たり前なのですが、英語も同じようなことだと思います。
また慣用句というのも日本語だと当たり前に使いますが、英語圏の人も使っているはずですから、そういったものを知るのも面白いと思います。
英語で会話を聞いていて、いきなりピースオブケーキと言われても困ってしまいますが、日本語でも慣用句を使っても日本語があまりわからない人には理解できないことも多いのではないでしょうか。
「氷山の一角」のように英語でも同じ意味で使うものもありますが、日本語でしか使わない表現、英語でしか使わない表現などもあるので、調べてみると面白いかと思います。
英語では悪魔などを使った慣用句も多いようです。
日本語では論語や仏教用語が日常会話でよく使ったりしますが、英語でもキリスト教的な言葉が慣用句としてあるようです。

こうした英語の慣用句なども英会話スクールなどでは学べる機会があるかもしれません。

銀座の英会話教室なんかは、ビジネス街にもあるので面白い英会話を学ぶことが出来るかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です