英語が受験だけに必要だったのは昔のこと。今を生きる現代人とって英語は必須!

小学校からの英語

義務教育の小学校から英語教育をすることになったのは、教育改革のひとつだそうです。

日本人は単一民族なので、色んな面で阿吽の呼吸で物事が進んだりするようです。

逆に説明をすると「屁理屈」と取る人も少なくないそうです。

ただ、時代も代わり、全ての人が中流意識で暮らしているというわけではなくなったと思います。

日本人が同じ環境で暮らしているというのも幻想だと思います。

格差が叫ばれていますが、教育のほうも格差が広がっていたそうです。

英語教育や英会話を子どもの頃から熱心にできる家庭と、そこまで手の回らない家庭とがあるかと思います。

義務教育から英語を学ばせるというのは、その格差を少しでも解消しようという考えだと思います。

教育は、知識を詰め込むのではなくて、知識をいかに使うかが重要で、その中でも英語を学ばせるのは、グローバルな世界で世界の人々とうまく付き合っていくということに役立つそうです。

世界に通用する人間を育てるために、まずは英語を学んでほしいというところのようです。

まず英語を学ぶにあたって、自分で考えるということをして欲しいそうです。

PISAランキング上位の国では、16歳ぐらいまでテストをしないというところもあるそうです。

すべては世界に通用する人間を育てることのためだそうです。

その国ではテストやテキストに縛られることはないそうです。

自分のために、自主的に勉強するという考えになるようにしているそうです。

その国では本を読む時間をたくさん設けているそうです。

本を読めば、読解力は高くなるそうです。

他のPISAの上位国はどこも試験のための勉強ではなくて、自分で学び、チームで学び、自分で考える教育法を取っているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です