英語が受験だけに必要だったのは昔のこと。今を生きる現代人とって英語は必須!

なりたい自分を考えてみる

英語を使って話したい、映画を字幕なしで読みたい、海外の友人と語り合いたい、留学したいなど、英会話を習得して何をしたいかを書き出してみるといいそうです。

具体的な動機があったほうが努力もしやすいそうです。

トレーニングとしては英語の単語を3000〜4000語をまず覚えて欲しいということだそうです。

また文法も中学文法と高校文法と構文が必要だそうです。

また直読直解というのをするのもしたらいいそうです。

単語や文法を習得してから文章を読むという段階を踏む必要はないそうです。

リーディングをするというのは、リスニングが必要だそうです。

ライティングができるようになりたいというのは、今のSNSなど人と交流できる時代には多くの人が求めているという気がします。

海外の友達とメールをやり取りしたい、英語で日記を書けるようになりたいというのもあるかもしれませんし、SNSのコメントを英語で読んだり書いたりしたいというのもあるかと思います。

ライティングに必要なのは、単語と文法だそうです。

スピーキングは話すライティングと言われているそうです。

頭の中だけで、通じる話を作らなければならないですし、発音のことも気になるかと思います。

文法や単語もライティングのように調べながらというわけにもいかないので、より高度な実力が必要といえるようです。

ペラペラと話せるようになると思えなくなるようなことも多いかと思いますが、文法、単語、発音をきちんと身につけるトレーニングをしなければならないそうです。

約半年ぐらいを考えて頑張るのがいいそうです。

闇雲に勉強していくより、目標があった方が毎日充実した勉強ができるそうです。

目標に向かってテキパキと頑張っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です